Finite Clause

Node学園20限目振り返り

LTラインナップ

  • eslintの話 @mysticatea
  • □□□fresh.tvの話 @ahomu
  • vue.jsの話 @kazupon
  • option-tでエラーハンドリング @saneyuki
  • OracleがNode.jsをやり始めたというのだが! @charlier_shoe
  • ひたすら楽してディープラーニング @yuji.isobe
  • nobleを使った、Node.jsからBluetooth 機器の制御 @niccolli

振り返り

初のNode学園で、かなり楽しめた。
去年の学園祭も本当に楽しかったが、規模は少し小さくても同じような雰囲気を感じた。
IoTの人と知り合いになれてよかったし、JavaScriptでIoTやるのって別に行けそうな感じがした。
そしてこれからも、Node.jsとともに歩んでいこうと改めて思った(こなみかん

eslintの話

eslintのこれまでを振り返り、現在どういう状況かっていうのを話して頂いた。
今まではjshintとかが主流だったけど、es2015とbabel,jsxなど、波に乗れたという話。
これから先はよりよくするためスタイルルールやパーサ、設定ファイルの改善をして、
3.0に向けてbreaking changesを入れていきたいとのこと。
メンテしてる人たちが忙しい人が多いようで、アップデートかけたら基本にそれ以外はサポートしないようだった。
バージョンアップにはなるべく追従したほうがよいだろう。

□□□fresh.tvの話

かなりエッジな技術ばかり使われていて、開発はじまったのが1年前とは思えない濃ゆい内容だった。
jQueryをまったく使ってない感じだったのが驚き。
使いそうな要素があまりないのもあるかもしれないけど、全く無いのはやっぱりすごい。
SPA(シングルページアプリケーション)にすべきかどうかの判断基準や、
SSR(サーバサイドレンダリング)に関する知見は結構貴重だと思う。

ただ、それ以上に、Reactコンポーネントの設計やディレクトリ構成などが見れたのはよかった。
どれくらいの粒度でコンポーネント化するのかって意外と難しいから。
惜しむらくは懇親会でまったく話せなかったことだ。
もうちょっと詳しく聞きたかった。

CSSの設計はBEMらしい。個人的にあんま好きじゃない。
BEMはもはや設計というより強制力のようなものだから…
BEMから書き始める人が、BEM以外のCSSを覚えられるのか疑問というか、
極端な話をすると、カスケーディングって知ってる?みたいになりそう。

vue.jsの話

vue.jsの今までと、これからみたいな話だった。
こんどmeetup的なことをやるらしく、もし日程が合えば参加したいな。
vue.jsは当時Angular.jsに苦手意識を持っていて、それに似た薄いもの、というイメージだった。割と好き。
ドキュメントがそれほど多くなくて(当時はAngular.jsと比べてたから余計に)学習コストが割に合う。
ただやっぱり時代には…みたいなところはある。
あとまぁ、一部のサーバサイドのテンプレートエンジンと相性が悪い。

vue.jsはその薄さが好きだったけど、だんだんエコシステムがでかくなってきてる気がして、
どんな要件・用途に合うのかが、分かりづらくなってきてる感じがする。
選択肢が増えたことで、導入するときに考えることが増えてしまった。
私が好きだったのは、HTMLの中に埋め込んだディレクティブの使い勝手の良さ、気持ちよさと、
JavaScriptの世界とをうまくすみ分けができていると思ったところだ。
それは、HTMLとCSSをテンプレートに書いて、JavaScriptでそれを操作する・連携するという、
今まで書いていた方法そのままで書けることだった。
個人的には、規模感はそれほど耐えれなくていいから、デザイナーとうまく協業できるフレームワークとして育って欲しい。

Nodebotsの話

個人的にIoTには興味を持っていて、会社の仲間といろいろやったりしているので、
イマドキの事情がしれてよかった。
スライドを見ればとりあえず必要な物が揃う感じが良い。
家に帰ったらTessel2届いてたので、さっそくなんか繋げたいと思う。

option-tでエラーハンドリング

try-catchしてエラーから復帰させようとするな、Errorをちゃんとthrowしてバグを潰すべき、
という考えのもと、そのためにどうしてるのかっていう話。
その考え自体はすごく大事だと思った。改めて心に刻んだ。
とはいえ、try-catchすることってあんまりないけど…
まぁ、例えばlocalStorageに値を突っ込むとかスライドにあるJSON.parseならありえなくはないな。
そういった場合に汎用エラー返すっていう要件があれば、try-catchするかもしれない。

OracleがNode.jsをやり始めたというのだが!

Node Cloudっていうサービスの提供はじめてるよっていう話で、
Oracle JETっていうのがあって…っていう話。
JETは構成がなんというか…MSっぽい。
そこはかとないAzure感が…
心がざわついたのは私だけではないと思う。
yeomanは嫌いじゃないけど、まぁ…ね…。

ひたすら楽してディープラーニング

コード比較しつつ、PythonとCoffeeScript似てね?にはワロタ。
sedでPython->CoffeeScriptは正直つらすぎるだろって思うけど、そういうの嫌いじゃない。
やってること頭おかしいと思ったけど、ディープラーニングというか、
モデルとニューラルネットワークの解説はすごく分かりやすかったと思う。
まぁ、やれるかっていったらやれない気はしてる。。。

nobleを使った、Node.jsからBluetooth 機器の制御

noble使うとNode.jsでのBluetooth制御かんたん!っていう話。
ラズパイにしろTesselにしろなんにしろ、BluetoothどころかWifiつなぐことさえ、
わりとめんどくさかったりするから、こういうのはありがたい。
デモして頂いたが、コードの方をもっと見たかった。
スライド…が、どこにも上がってないっぽい?残念。
出身が同じ愛知の方だったので、また機会があれば話したい。

元記事・スライド

eslintの話

□□□fresh.tvの話

vue.jsの話

Nodebotsの話

option-tでエラーハンドリング

OracleがNode.jsをやり始めたというのだが!

ひたすら楽してディープラーニング

その他のありがたいまとめ

東京Node学園 20時限目まとめ #tng20

Node学園 20時限目 アウトラインメモ - Web Scratch

Node学園 20時限目 に行ってきたメモ #tng20